唾液力UP

マスクの内側、大丈夫?

今こそ知りたい あなたの体を守る「唾液の力」

口の中で、何が起きている?!

「新しい生活様式」により、マスクをする日々が続いていますね。マスクで口と鼻がおおわれていると、苦しいので口呼吸になりがちです。マスク内の湿度が上がって口がうるおっているように感じるかもしれませんが、それは錯覚。高湿度により唾液の分泌機能がうまく働かなくなり、口は乾燥します。すると、口の中で「細菌」が増殖。外部からウイルスが侵入しやすくなるのです。

高温多湿なマスク内と、口腔乾燥

実はスゴイ「唾液」の力

口をうるおす働きをする唾液。99%以上は水分ですが、実は残り1%の中に抗ウイルス・抗菌成分(IgA)が! 口に細菌やウイルスが侵入すると素早く反応し、取り囲んで粘膜への付着を防ぎます。口は体の入り口。細菌やウイルスが全身に広がるのを“最前線”で食い止めているのです。

IgA抗体はウイルスにくっつき、粘膜への付着を防ぐ

唾液の分泌を減らす原因がこんなに……

マスク生活・口呼吸・薬の服用、ストレス

感染予防や在宅勤務で会話(口の動き)が少なくなったことや、日常が大きく変わったストレスなど。これらによってますます唾液の分泌が減っています。

そこで注目されているのが 毎日のガム習慣

「噛む」で唾液力を上げる

減っている唾液をカンタンに出す方法。それは……ガムを噛むこと! 噛むと、消化を促すのと味を感じるために唾液が出ます。特にガムは他の食べ物と比べて長時間噛んでいられるので、唾液をたくさん出すのに最適。すでに気づいてガムを毎日の習慣にする人も増えています。

ガムを噛む→唾液が増える→ウイルスを防ぐ

唾液力を上げるガムの食べ方

point1 「しっかり噛める」「歯に優しい」

唾液は噛む回数が多くなるほど出ます。だから、噛みごたえのあるガムを選ぶとさらに効果的。
また、頻繁に食べるものだから、むし歯の原因をつくらないキシリトール入りのガムが断然おすすめです。

キシリトールは白樺やカシなどから取れる天然の甘味料。ショ糖と同じ甘さがありながら、むし歯の原因菌を弱らせる力があります。歯科界で長年推奨されている安心の成分です。

point2 1日に数回噛む

唾液の分泌量は1日の中でアップダウンします。そのため、数回に分けて食べることが大切。通勤時や食後、寝る前など、生活に合わせて決めておくことで習慣にしやすくなります。

キシリトールに関して、JECFA(FAO/WHO合同食品添加物専門家会議)は「1日摂取許容量は特定せず」と発表。どれだけ食べても安全と認めています。なお、キシリトールを食べると一時的にお腹がゆるくなることも。気になる人は1日1粒から始めてみてください。

1日の唾液分泌の変化

1日の唾液分泌の変化

ウイルスとともに生きていくこの時代。普段の予防対策に「ガム」をプラスしましょう! 唾液があなたの体を守ります。

あなたはどれくらい?

チェック!